20151019 Snakewood 再挑戦

2015/10/19 5:23 に Yoshio Takamura が投稿   [ 2015/10/19 16:17 に更新しました ]
前回穴開け加工中に割れが生じた為、頭部管の製作は諦めて歌口製作にのみ留まったのですが・・・
何とか形だけでも良いので頭部管を作ってみたい・・という気持ちが募ってきました。
前回歌口を作った感触では、竹のように縦割れし易いだけでひび割れが生じる訳では無いと感じました。
穴開け用のドリルの刃を研いで注意深く作業に取り掛かりました。
穴開けは無事に完了しました!
次のテーパー加工がより注意が必要です。
こちらも途中で刃を研ぎ直し完了しました。
あとは外形の成形の際に挿入する芯金を強く押し込み過ぎないように注意すれば大丈夫そうです。
こちらも無事終了しました。
模様に倣って濃淡のある削りカスが出ています。
ふと思ったのですが、金属の場合は ”キリコ” と呼ぶのですが木の場合は違うのでしょうか?
カンナ屑は ”オガ屑” と呼びますが・・・まだまだ木工初心者かな?
これから歌口の穴の位置決めなのですが・・・
通常は一番相応しい場所を見つけて決定するのですが、この場合何処でも同じ様なので却って悩みます。
あとはプレート部分の削り出しと歌口の穴開けに注意すれば上手く行きそうです。
かなりインパクトのある頭部管ができそうです!



Comments