05 再びパウエル

2013/10/17 4:33 に Yoshio Takamura が投稿   [ 2013/10/17 16:31 に更新しました ]
2013/04/20 22:08 に Yoshio Takamura が投稿   2013/08/18 21:49 に更新しました ]

またもやパウエルが2本やって来ました。
今回1本はシグネチャーモデル。
こちらも相変わらず凄い仕上がり状態・・ロー付け面に凄いスが!
そして今回最も興味を惹かれたのがライザーと管の接合部・・・
あらかじめ歌口よりも大きな四角い穴が管に開けてあり、その穴に嵌まるように加工された歌口がロー付けされている様です!
この製作方法のメリットは何なのだろう? (*)

    この写真では何だか判りませんね・・・

処置を施すポイントは把握できたので早速実行・・
シグネチャーは一発で生まれ変わりました。
もう一本は最初の状態が少しましだったので、細かく調整した結果とても良い状態になりました。(自分の楽器に欲しくなりました・・
あらためて感じたのは、もっときちんと作ればもっと良い楽器になるのに・・残念です。
それともこの状態が個性として認識されているのでしょうか?
Comments