お客様の声‎ > ‎

2016

☆『本日フルート、ピッコロ受け取りました。
 ピカピカで嬉しいです。
 まずフルートですが、息がとても入りやすくなりました。
 そこがチューニング前とかなり違いを感じます。
 軽く吹いても鳴る感じです。
 指先に響く振動を以前よりずっと感じられました。
 そして、上手く言葉で表せませんが、以前は引きずられるような、もたっとする感じがあったんですが、
 それが無くなりとてもスッキリ吹けました。
 ぶら下がり感もなく、チューナーでチェックしましたが、音程もかなり改善されました。
 ジョイント部分の傷も薄くなっていました。
 ありがとうございます。
 買ってすぐの頃、さしたら抜けなくなってムラマツさんに送って抜いてもらいました。
 その時、少しゆるくしてもらって戻ってきたのですが、今の固さが丁度良い感じです。

 ピッコロは、音がまとまりやすくなりました。
 以前、高音B♭からEあたりが特に音がまとまらず、合奏でも悩みの種だったのですが、
 とても吹きやすくなりました。
 2016/12/5 (#19) 福島県 K.S. 様



☆『お返事おそくなりました。
 吹きやすくなりましたよ!
 確かに性格は変わらずにじゃじゃ馬だった部分だけが消えました。
 すごい技術ですね!
 よりはっきり分かったのは、ウエイトをヘビーにしたときです。
 ナガハラはクラウンの内側に重りが入っていて、これを自分で簡単に変えられるようになっています。
 お送りしたときはライトにしていたのですが、もともとヘビーウエイトが入っていたのです。
 ヘビーでは扱えなかったので(後から買い足した)ライトにしてみてだましだまし使っていたのです。
 ライトのままでも十分改善は感じられたのですが、今回久しぶりにヘビーをつけてみたら、すごいパワーで
 簡単にコントロールできるのでびっくりしました。
 これが本来の鳴りだったんですね。
 あまりの鳴りと倍音で、これではまるでソプラノサックスを吹いているようになってしまったのが、贅沢な悩み
 と言えば悩みです(笑)。
 髙村さんの技術力に感服いたしました。
 216/12/2 (#18) 東京都 M.K. 様




☆『早速パラパラと試奏してみたところ気になっていた低音域が
 しっかりした音になり、上の音からの移行にあまり気を遣わなくてもよくなりました。
 また、中高音域も音の組成が変わった(よく響くようになった)感じがします。
 見た目も麗しくなってメーカではなく高村さんにお願いして本当によかったです。
 2016/11/10 (#17) 千葉県 H.T. 様



☆『頭部受け取りました。
 有難うございました。
 早速吹いてみました。
 第一印象ですが、
 ・歌口の木の感触が暖かく非常に心地よかったです。
 ・全体的に抵抗感、ストレスなく楽に吹けました。
 ・特に中音、低音は顕著でした。
 ・音色は少しくぐもった感じがしますがトラベルソを彷彿させる木管ならではの吹奏感がありました。
 ・ただし3オクターブ目は吹き抜けるような響きの点で金属と異なるように感じました。
 これから吹き込んで馴染んでいきたいと思います。
 2016/10/25 (ピンクアイボリー製歌口交換)大阪府 S.I. 様



☆『吹いてみたところ、低音楽に出る感じです。
 全体の響きも何かしなやかになった気がします。
 気持ち良く吹けます。
 ありがとうございました。
 2016/10/17 (#16) 長野県 T.A. 様



☆『A頭部管は音の傾向(細目ではあるが不思議な色気)はそのままに吹きやすさが変わっていました。

 前よりも楽に吹けて、音に伸びがあるように思いました。

 驚きです。

 発表会のMozartは、木の方とどっちを使うか、先生と悩みました。

 シェリダンのシャーシャー音は完全に消えました。

 確かにおっしゃられるように特に際立ったものがなく、パワー系の普通の頭部管でしょうか・・・

 でも、お陰様で使えるようになりました。

 2016/10/4 (#15 +α) 千葉県 I.T. 様



☆『昨日今日と仕事休みでしたのでじっくり吹きました。
 本当にさらに素敵な楽器に生まれ変わっていました。
 吹き始めは抵抗が強く吹き辛く感じたのですが
 角度を変えて試していくうちに良いスポットが分かりました。
 まず、低音域の音の無用な広がりやぶら下がり感が減りました。
 シュテックメストの歌の翼の冒頭フレーズの終わりで
 低音域Gに降りるところがどうしても上手くいかなかったのが楽に吹けます。
 高音域の音の伸びもスムーズです。
 現在、サンカンのソナチネをさらっているのですが
 軽く風のように吹 きたい音も、カチッと切りたいスタッカートも
 以前より驚くほど楽に吹けます。
 また、全体的には
 音の広がりと相まって良くも悪くもいくらでも「音曲げ」できてしまう状態でしたが
 普通に吹けばこの音程が出るというツボが感じられます。
 反応についても、吹いた瞬間に管内の圧力が上がるとでも表現したい感覚があり
 何時間吹いてもストレスを感じません。
 2016/10/3 (SANKYO木製頭部管) 埼玉県 K.S. 様



☆『先ほど、楽器を受け取りました。
 結論から申しますと、今回も高村様にチューニングをお願いして、本当に良かったと思います。
 ありがとうございました。
 頭部管のみで音を出してみたのですが、とても音が出しやすく、澄んだ音だったので、まず驚きました。
 本体に接続して、いろいろな曲を吹いてみたのですが、高音域から低音域まで統一された、柔らかくよく
 響く音色、ダイナミクスのつけやすさ、跳躍のしやすさなど、驚くばかりです。
 音程も取りやすくなりました。
 これから吹き込んでいくことで、もっともっと表現が豊かにできるようになっていく可能性を感じています。
 見た感じでは、どこが変わったのかよくわからないのですが、驚きです。
 2016/10/2 (#14) 福井県 H.S. 様



チューニングしていただいたアルトフルートは、中音域や低音域が、音色が統一された感じで、
 柔らかくしっかり響くようになったと感じました。とても吹きやすく、表現しやすい感じです。
 高音域もとても出しやすく、何より中音域の響きの良い音色を保ったまま吹けるようになったと思います。
 本当に、高村様にお願いしてよかったと思っています。ありがとうございました。
 2016/9/26 (#13) 福井県 H.S. 様



☆『本日楽器が到着しました。
 サンキョウの明るさは残しつつ、シルバーの柔らかさが出ています‼︎
 高音もキンキンせず、全体的にしっかり鳴るようになっています‼︎ 
 チューニングを出す前の録音と、帰ってきた楽器の録音を聴き比べてみました。
 刺激的な音が丸く柔らかい音になっています。
 とても気に入りました。
 10年程眠っていた楽器が…十分に使える楽器になりました。
 迷いがまた増えます(^^;;
 あまり大きく手を加えていないとの事ですが、、音は大きく変化しています。
 本当に高村さんのチューニングには驚きです。
 2016/8/28  (SANKYO ST-2)  兵庫県 K.I. 様



☆『差をはっきり感じたのは、高音部の音量が上がったこと、音色が明るくなったこと、特にB♭6~C7が楽に出るように
 なったことです。
 よく鳴るようになりました。
 楽器にゆとりができた 印象です。
 2016/8/12 (#12)  東京都 K.I. 様



☆『本日アルトフルート届きました。

 低音の鳴りとボリュームの改善、素晴らしいです。

 吹きやすさも抜群です。

 品が有り、チャーミングな音色に大満足です。

 低音がバリバリ鳴るだけのモダンのアルトフルートとは次元の異なる楽器に仕上がったと思います。

 これだけボリュームが有ればフルートアンサンブルにも十分使えますが、

 何かソロ曲が無いかと探したくなります。

 宝物を一つ手に入れた様な気分です。

 2016/7/17 (Djarma Julliot 製 Alto Flute) 兵庫県 T.N. 様



☆『迅速なご対応いただきありがとうございます。一週間とたたずに楽器が戻ってきました。
 で、早速試奏してみましたところ、気になっていた中音域の響きの問題が見事解消されていました!
 ブレスに対するレスポンスや響きが上から下まで均一に整えられて、口と唄口とがシームレスにつな
 がったような気がしました。
 あと、第3オクターブのミの音程が上がりやすい現象(私の吹き方のせいだと思っていたので伝えてませんでした)
 も解消されていました。
 ST-2は、ライザがGS-1やパール純正に比べて高めで、低音指向は調整しても
 そんなに変わらないのではと思っていたんですけど、なんのなんの全音域にわたって
 とても使いやすくなりました。
 微調整やっていただいて本当に良かったです。
 (ブログに書かれていたお客さんの言葉に偽りのないお仕事でした)
 2016/7/6 (SANKYO ST-2) 千葉県 H.T. 様



☆『木のリップという、コラボの構造でも、木の頭部管に近い音を感じます。
 木のほうが、反応が早いですね。
 これに慣れると、金属管をふくのが気持ち悪 くなりそうな気がします。
 DACで試奏して、欲しくなりましたので、お願いしました。
 C1から、C4まで、良い音程でふくことができます。
 特筆したいのは、2オクターブ目のCISの音がしっかりしていることです。
 驚きました。
 3オ クターブ目のES, FIS, GIS、などもこれまでの楽器より、安定して音が出せるのは有難いです。
 これから、さらにお近づきになるよう、吹きこんでいきます。
 2016/7/3 (アフリカンブラックウッド製歌口交換) 神奈川県 N.A. 様



☆『頭部管到着いたしました。
 さっそく楽しませていただいています。
 最近は一人でバロックを楽しんでいることが多いので、音色がしっくりきます。
 ありがとうございました。
 2016/6/25 (オリーブ製歌口交換) 千葉県 H.K. 様



☆『昨日、Tuningいただいたピッコロを吹いてみました。
 まず、最低音のDはその前の音と遜色なく吹くことができ、かすれた感じがなくなりました!
 次に高音ですが、こちらはHiBが出しやすくなった感じがします。
 ただ、今回一番問題としていたHiAsに関しては以前よりは若干出やすくなったもののあまり変化を感じませんでした。
 AsとBのトリルの問題が解決できればと思っていたのですが、ここに関しては結局、YAMAHAに持ち替えて吹くことに
 なりました。
 やはり、楽器側の問題解決としては限界なのでしょうかね。
 あとは自身がこの楽器を楽しめるように、努力を重ねていこうと思います。
 2016/5/10 (TAKEZAWA SSG Piccolo) 埼玉県 Y.H. 様



☆『本日楽器が届きました。
 少しだけ吹いたのですが、息が音に変わるレスポンスの良さ、息がすっと楽器に入っていく感じに感激しました。
 見た目も傷がなくなりピカピカになっていて嬉しいかぎりです。

 楽器じっくり吹きましたのでご連絡します。
 ちなみにアンブシュアはだいぶ安定してきてまずまず音が出るようになってきました。
 最初、低音は輪郭がぼやけたかなと感じたんですが、吹き込んでいくと幅が広がり芯もある張りのある好みの音になっ
 ていきました。
 早くコツをつかめるよう練習します。
 発音は第一印象どおりとてもよかったです。
 音程は以前程のバラつきがなくなったと感じました。
 ABHあたりは音程合ってると前にお伝えしたのですが、普段ABHを基準にピッチを合わせており、逆に他の音を高く感
 じていたので、印象としては高村さんと同じだと思います。
 今まで苦労していた中音D→F→B→Aというフレーズでも音程を楽してキープできて感激しました。
 ちなみに、今まで内吹き気味だったのですが、少し外吹きにして鳴るようになりました。
 これはアンブシュアを変えた影響かもしれませんが…
 質問ですが、今日冷暖房のない部屋で吹いて3ミリくらい抜いて442で合いました。
 関東寄りの静岡なので気温は埼玉と同程度と思います。
 外吹きになり音程が下がった影響も大きいとは思いますが、この状態で冬の寒い日に吹いて音程合うものでしょうか?
 高音は私では改善が感じられませんでした。
 以前の状態・アンブシュアの場合での印象は、鳴りはいいけど張りが強くちょっとキツめという感じでした。
 (なんとかハイCまで楽にクリアに音出しはできてました)
 現在の印象は、DEFあたりが少し痩せて吹きにくくこもったような音になり、他の音は以前と印象変わらずです。
 高村さんが吹くと豊かな感じの音が出るのでしょうか?
 まだアンブシュアが安定してない事やそもそも奏法に無理がある事が原因な気がするので、しっかり練習したいと思い
 ます。
 2016/4/8 (ナガハラ) 静岡県 Y.T. 様



☆『低音域→中音域→高音域にわたって鳴り方のバランスが良く、滑らかに跳躍出来ます。 
 響きは柔らかいのですが、艶があり、同じ楽器なのだろうかと不思議に思います。
 歌口を見ても変化が解らず、何所をどのように作業されたのかどうか不思議、
 そこはプロのノウハウなのでしょう、素人の出る幕ではありません
 今後、練習時間が確実に長くなりそうです。 
 本当に、ありがとうございます。
 2016/3/6 (#11) 石川県 N.M. 様



☆『歌口工房 高村氏からT.Tuningを施したパウエルも帰ってきました。
 古いパウエルは仕上げもキレイだったようです。でも吹き心地がイマイチだったのですが解決です!
 とっても気持ち良く鳴るようになりました。
 新しい頭部管はパワーは残しつつジャリジャリ感が消えました。これも正解です!
 自動車はレースに出るためには改造しますがホントは改造の前にファインチューニングというバランス取りが大切なんです。
 でも運転の技術が伴ってのことですが…
 歌口工房のファインチューニングに感謝ですが迷いは増えます(^_^*)』 (Facebook より引用)
 2016/3/7 (#10)  NHK交響楽団 菅原潤 様



☆『吹いてみての感想ですが、素晴らしく良くなりました。
 前は、かなり外向きに息の圧も強く無理やり吹いていたんだと思います。
 そっと吹いただけで楽器が鳴ってくれるんです。
 ベストポジションで吹いても音程が低くならず心地良く吹けます。
 以前は吹けば吹くほど音が鳴らなくなっていたんですが、吹けば吹くほど良く鳴ってくれます。
 ずっと吹いていても疲れないです。
 むしろずっと吹いていたくなりました。
 以前の状態が本当にあり得ないと実感しました。
 パウエルはハスキーで荒削りな音が特徴とどこかのサイトで見たんですが、そんな事はないと思います。
 透明感のある非常に美しい音だと思います。
 ここまで変わるなんて、本当に頭部管の影響は計り知れないと思いました。
 音程の問題も、高村さんに出会うまでは楽器本体か奏者自身の問題だと思っていました。
 今回の件も有名なパウエルほどのメーカーで、音程がおかしいなんてあり得ないと思い込んでいました。
 この3ヶ月ずっと悩んでいたのが嘘のようです。
 これからもずっと大切に吹いていきたいと思います。
 本当にここまで良くしていただきありがとうございました。
 2016/2/6 (#09) 兵庫県 K.I. 様



☆『まず、マウスピースで吹くと、以前よりかわいい音がしました。
 それに、特別な掃除をしたような、何ともスムーズな息の通りでした。
 全体的には、吹いてると、今までこんなに口の中が響いていたかな?と感じる程、口の中が変わりました。
 楽器と体が共に鳴ってるのでしょうか。
 髙村様のベームのYouTubeを拝聴しました。素晴らしいですね。脱帽。
 私も1番をゆっくり吹いてみました。なるほど、上品な音がしたり、緻密な音がしたり。
 髙村様の意図される音色が伝わってきました。
 吹いては頷き、正に自由度が増えました。
 ブランネンを手放して銀のフルートにしようか、と試奏する度にブランネンは負けじと鳴ってました。
 髙村様に楽器の状態を教えて頂き、丁寧に手を加えて頂いた事で、落ち着いて吹いていけそうです。
 本当にありがとうございました。感謝しています。
 2016/2/5 (#08) 愛媛県 N.N. 様



☆『まだ吹き込めてない状況ですが、左手の音程は明らかに改善されております。
 『今まで、全体にベールがかかっていたようなもやもやがなくなり、スッーと音が出るようになりました。
 シャツ1枚脱いだ感覚で機動力が上がり、アメリカンな大雑把なコントロール幅から、和のテイストを取り入れた
 ようなミリ単位のシビアなコントロールが可能になった感じです。
 音色に関してはパウエル独特の甘さを残しつつ、少しシャープでより木管らしい(高音はピッコロのような音も出
 せる)ところまでパレットが広がったようです。
 楽器が生き返りました。
 あとは使いこなせるよう練習あるのみです。
 この度は本当にありがとうございました。
 2016/2/2 (#7) 徳島県 K.O. 様



☆『楽器が届きましたので吹いてみました。あまりの違いにとても驚きました。
 一番最初に感じたのは、今まで全体的にこもった音が出ている感じできびきびとした音は難しかったのですが、
 音に芯ができて歯切れよく雰囲気も明るくなったと感じました。
 特に第一オクターブ目は倍音の多い音を出すのが難しいと感じていたのですが、まとまりがあり上品な音が出るように
 なったと感じます。
 音程も良くなり、特に第3オクターブの音程のコントロールがとても楽になりましたし、第3オクターブEより上は極端に直
 線的な音色がしている感じがしてましたが、少し柔らかみも加わり音質も均一に近くなった気がします。
 中音域はもう少し練習してみます。
 全体的に音にまとまりが出ているので実際は広いところで吹いてみないとわかりませんがより遠くに音が飛んでいる感
 じがします。
 歌口を小さくすることはできないのに、どうやって修正されたのか、とても不思議です。
 どうもありがとうございました。
 2016/1/30 (#06) 大阪府 A.H. 様


☆『凹みのシワは思ったより気になりませんでしたのでこのままで大丈夫です。
 ジョイント部分と反響板がすっかり綺麗になっており、新しい頭部管を手にした様でした。
 そして、吹奏感ですが、ピッチが面白いくらい安定する様になりました。
 ただ、はじめ中音域で幾つか響の薄くなる音がありましたが、
 リラックスしたアンブシュアだと全ての音でしっかり響くようになりました。
 今までピッチをコントロールする為に吹き方に変な癖が付いているんだと思います。
 これからじっくり慣らしていこうと思います。
 それから、音の跳躍、倍音練習がとても簡単になりました。
 2016/1/27 (#05) 鹿児島県 N.A. 様


☆『これは別の楽器ではないか!?
 息がすーと流れ、楽器が自然に鳴っている。
 倍音も増えた。
 音が大きくなった。
 低音がよく出だした。
 音がひっくりかえていたのが減少した。
 いつも情けない音の中音のE♭、C♯も輪郭がくっきりし・・・。
  唇が接触する部分が滑らかに、息が逃げる側もやや削られ、
 ジョイントの端っこが外側にわずかに出されてすりあわせがかちっとし、コルクもやや詰められているような、
 息の当たった痕もきれいにされ、すっかり変わりました。
 大変ありがとうございました。
 2016/1/21 (#4) 山口県 K.M. 様


☆『吹奏感としましては、息の入りやすさ、コントロール性はかなり向上したと感じられます。
 特に不安定であった中音のCis周りの音の繋がり安定感はよくなりました
 また、胴部管キーにビリビリと響きが出るようになり
 こもりがちでウェット感のある音質から、ニュートラル感のある明るい響きの音色になりました
 またこれでしばらく試したいと思います
 2016/1/17 (#03) 山口県 S.H. 様


☆『ライザーをルーペで確認しましたら、きれいに修正され、また管内の線キズも消していただきました。
 高音Eへの跳躍がすんなりできました。
 アルルの女 メヌエットの音の跳躍も前より楽に高音のGがピアノで出せます。
 全体的に澄んだ音色になったように思います。
 本当にありがとうございました。
 2016/1/12 (#02) 群馬県 S.O. 様


☆『今日木管とピッコロ吹いてみました。
 寒い中吹き始めたので最初は低めでしたが、温まってきたら442に届きました。
 音程の悪さはヘインズの特許ですから、想定内です。
 とても明るい音で吹きやすくなりました。
 これならば演奏会でも使えそうです。
 ピッコロも、予想通り音がまとまりました。
 リムキーのメカは慣れないと使えませんが、練習する価値はありそうです。
 ありがとうございました。
 2016/1/18 (#01) 東京都 Y.N. 様
Comments