20151014 カリマンタンエボニー製頭部管

2015/10/13 23:53 に Yoshio Takamura が投稿   [ 2015/10/14 0:05 に更新しました ]

初めて手掛けたカリマンタンエボニー
インドネシアのカリマンタン島原産のエボニーですのでカキノキ科の黒檀の仲間です。
気乾比重は0.80〜1.10と幅があります。

音については判りませんが結構面白い景色です。
先程1回めのオイルを塗布したのですが、ヤニが多いせいなのか変わった染み込み方(乾き方)をします。
以前にも似たような感じの木があったような記憶があるのですが・・・
おそらく第2作目のローズウッド RW2 だったような気がします。
黒檀の仲間ですが導管も粗くローズウッド系に近い感じもあります。


その後、オイル処理を済ませると殆ど黒くなってしまいました!
艶消しの様な仕上がりになりました。

音もローズウッドに似ている気がします。
僅かに以前作った本黒檀の印象も感じますが・・・

YouTube 動画



Comments