20161210 ウェーブタイプ歌口の製作 ピッコロ編

2016/12/11 4:15 に Yoshio Takamura が投稿

ブログに投稿した物をこちらにまとめてみました。


アフリカンブラックウッド(グラナディラ)を使用して

ウェーブ(波型)リップの歌口を試してみる事にしました



段取りは何日も頭の中でシュミレーションを繰り返していたのですが

実際に取り掛かってみるとかなり難航しました



大体の成形が終わり

ここ迄で3日程掛かりました



この状態で完成させました


最初に音を出した時にはあまり良くなく

苦労した分がっかりしました・・・

通常の歌口と比較して

メリットよりもむしろデメリットを感じる状態でした


その後何度も手を加えて

少しずつ改善されたものの

良いのか悪いのか良く判りません


 


その後

スネークウッドのコラボタイプも作ってみました


こちらはヘインズの銀管に合わせました



この2本を

菅原潤氏に送って試してもらいましが

やはり同じ印象の様でした


その後

菅原氏の助言に従って

一番高い山の位置を少しずつ前方にずらして

その都度確認してみる事にしました


最初のうちは殆ど変化を感じる事はできませんでした

何度削り直した事でしょうか・・

ようやく良い変化が現れて来ました



こちらも


ここまで持って来ました


フィリップ・ハンミッヒをはじめ最近の殆どのメーカーが

採用している形に近付きました


この形状があまり吹き方の制約を受けずに

ある程度良い効果をもたらす様です


最初にこの形を打ち出したメーカーは何処なのでしょう?

検証して此処に辿り着いたのであれば

すばらしいと思います


私は当初レフォームフルートを意識していたのですが

あまり良い効果は得られませんでした

もう一つの狙いである

チムニーを高くする(深くする)

という意味では

この形状が良い結果をもたらすのかもしれません



次はフルートの歌口です 

Comments