雑記帳‎ > ‎

Gisオープン

2013/12/18 22:33 に Yoshio Takamura が投稿
さて、もう戻ることはないと思っていたのに再びオープンを吹くことに・・・
とりあえず大学の最後のレッスンでさらったモーイーズのクロイツェルのエチュードをさらうことにした。
オープンからクローズに戻す時は苦労したが、今回はすんなりと指が動く・・・
隣で先生が吹いているような錯覚に囚われた。
この曲のレッスンで先生が、『モイーズの奴嫌らしいんだよな。バイオリンは2拍目も3連符なのに
わざと難しくしやがって!』と言っていたのが印象的だったなぁ 

私のスコティッシュも先生のセルマーで吹くと全く刺激的な派手な音が出てこない。
頭部管も非常にシビアに選ぶ様だし、何か私の進むべき楽器の方向性を暗示されているような、
そんな気がしてならない。

Comments